特定看護師になるとどう変わるの?
どうしたら特定看護師になれる?
看護師特定行為研修センター

医師・病院関係の方々へ

病院・医師にとって特定看護師とは?

常盤 光弘 医師

研修部長 

現在の地域医療の問題点として超高齢化、人材の不足、医師不足、働き方改革などへの対応が求められています。このような中、ますます複雑化・多様化していく看護の分野でのトップランナーを育てていくことで、より効率的で質の高いチーム医療、看護を提供することが喫緊の課題です。そのために慈愛会ではチームのリーダーとなりうる看護師特定行為研修修了者を積極的に輩出し鹿児島県の地域医療へのさらなる貢献を目指しています。

徳永 雅仁 医師

疾病・臨床病態概論Ⅰほか

今村総合病院において特定行為の実践看護師を養成すべく、看護師特定行為研修センターを開講しました。1年間で膨大な共通科目、特定行為を受講し、実習まで行い、修了認定をうけるまではとてもハードです。当指導スタッフ一丸となって支援しますので、みなさん頑張ってまいりましょう。安全に確実に特定行為を実践できる能力を身につける事ができ、各地域、各部署でさらに活躍できることを期待いたします。

米倉 健太郎 医師

創傷管理関連

当院は急性期総合病院として様々な患者さんを受け入れており、褥瘡や皮膚潰瘍をお持ちの方も多数おられます。今後のチーム医療の中心を担っていく特定看護師を目指すみなさんと一緒に勉強できるのを楽しみにしております。

林 恒存 医師

栄養及び水分管理に係る薬剤投与関連

栄養水分に関わる薬剤投与について1段階上の知識・技能を習得した看護師の活躍の場は、病院、診療所はもとより、とりわけ在宅医療の場における存在価値が数年で飛躍的に大きくなると思います。ですがそれは、特定行為実施への大きな責任が生じることを意味しますので、知識の習得に加え、安全な環境下で、適切な指導を伴った十分な実践経験が不可欠です。研修終了後は自信をもってご活躍いただけるよう喜んでサポート致します。自身の成長を日々実感しながら楽しく学んでいきましょう。