特定看護師になるとどう変わるの?
どうしたら特定看護師になれる?
看護師特定行為研修センター

研修センター設立への想い

公益財団法人 慈愛会 理事長

今村 英仁

2019年度、当法人今村総合病院で看護師特定行為研修が厚生労働大臣の指定の下始まります。

この研修の開始は当法人の看護師育成に対する姿勢の表れでもあります。当法人では今までも3年課程の看護専門学校、入職後の新人キャリアアップ研修、中堅看護師の幹部候補生養成コースなど様々に看護師教育の充実を図ってきました。今回その集大成の一つに位置づけられるのがこの特定行為研修です。この研修を行うにはその母体となる病院が質の高い研修を行えるだけの力を有する必要があります。この度の指定研修機関の指定は、今村総合病院を核とする当法人の力量が認められたことでもあります。

今後益々自立して仕事が出来る看護師が求められる時代において当病院で研修を修了した看護師は自信を持ってその任を果たすことが出来ます。当法人は受講される皆さんと共にこの研修事業も進化させる所存です。一緒に未来を切り拓いていきましょう!

今村総合病院 院長

帆北 修一

今村総合病院で
看護師特定行為研修をうける皆さんへ

特定行為は、“すでに日常的に看護師が行っている行為”の範疇を拡大して“行為・判断の難易度が共に相対的に高い行為”と位置付けられています。

学ぶとは、人から教えてもらうことに始まります。すなわち真似る(マネブ)ことで、自分の身について一人でできるようになります。さらに他の人に教えることができるようになってはじめてその知識・技術を習得したことになります。今後みなさんは臨床の場で中心的・指導的立場になられると思いますので、教育を受ける立場から指導する立場に変わることになると思います。

すでに実務経験をされておられる皆さんですので、e-learningでの共通科目・区分別科目の学習と演習・実習を難なくこなし、試験をclearされ、1年後には修了証書を手にされることとなります。しかしその間、通常の業務に加え様々な経験をされると思いますが、指導者等がしっかりと支援いたします。1年後の自分を想像することがモチベーションアップには有効です。ご自分がレベルアップしていく過程は楽しいことだと思います。自信をもって、一緒に明るく学習していきましょう。

看護師特定行為研修センター センター長

中重 敬子

研修生にとって今村総合病院での
特定行為研修は 最高と言っていただける
研修を目指します。

当法人の3つの公益目的事業のうちの、「地域の医療を担う人材育成等の地域医療の支援」を達成するために、今やるべきことは、少子高齢化社会に対応する地域医療を支える看護師の育成です。
その看護師は、将来在宅医療を支える特定行為を実践できる看護師のことです。

2019年度に、鹿児島県で2番目、民間では1番目の指定研修機関となりました。
優秀な特定看護師と指導医の研修計画の基、研修生の皆様がきっと満足していただけるように、知識と技術を統合させる演習・実習に力を入れております。
看護は実践です。特定行為はさらに、根拠に基づく実践力が必要ですので、指導者が厳しく、優しく、研修生ができるようになるまで、根気よく指導支援することをモットーとしております。
 
最初は2区分から開始いたしますが、区分をさらに追加しながら指定研修機関として進化していきます。
共に学び、共に実践力をつけ、共に必要とされる特定看護師の育成を進めていきます。
よろしくお願い致します。