特定看護師になるとどう変わるの?
どうしたら特定看護師になれる?
看護師特定行為研修センター

NEWS

2019年度看護師特定行為研修修了式を行いました

今村総合病院看護師特定行為研修 修了式

3月18日に第1期生の修了式を開催しました。2019年度開講した区分は、「創傷管理関連」と「栄養及び水分管理に係る薬剤投与関連」の2区分で、標準コース7名、共通科目免除コース1名が「特定行為研修修了者」として認定されました。
修了式は、公益財団法人慈愛会 今村英仁理事長から「これから生き残る医療機関として特定看護師の活動は重要である」と活動支援の言葉や、今村総合病院 帆北 修一院長から修了証書授与と研修生の今後の活動のエールを頂く感動の式典になりました。
仕事をしながら学習した研修生の方々は、前半の半年間315時間を超えるeラーニング講義と試験と演習と実習をこなし、壮絶な闘いだったと思います。後半の区分取得の学習と症例実習は緊張の場面が多く充実した研修でした。苦しんだ時期もありましたが、過ぎてみれば懐かしく思われたようです。
これから修了者は、いよいよ手順書のとおりの実践活動をしていかなければなりません。まだまだ自信がなく不安だと思いますが、私たち看護師特定行為研修センターも支援活動をしていきたいと思います。

令和2年3月18日
今村総合病院看護師特定行為研修センター長 中重敬子

公益財団法人慈愛会 今村 英仁理事長による挨拶

式に臨んだ第1期修了生の皆さん

修了証書授与

今村総合病院 帆北 修一院長から修了生代表へ修了証書が手渡されました

今村総合病院 帆北 修一院長による挨拶

研修生代表挨拶:西森 識さん

記念撮影

区分別コース実習 栄養及び水分管理に係る薬剤投与関連の実習スタート

看護師特定行為研修 区分「栄養及び水分に係る薬剤投与関連」
特定行為以下の2行為の5日間の研修が終了しました。

持続点滴中の高カロリー輸液の投与量の調整
脱水症状に対する輸液による補正

この研修のねらいは、高カロリー輸液を含む輸液の投与管理が理解できる能力と、全身状態のアセスメントがきちんと行える能力の向上です.

今後の認定看護師には必須区分となる重要な区分だと思います。

研修の内容は、指導医による講義、ペーパーシミュレーション演習、病棟実習でした。

2日間は、持続点滴中の高カロリー輸液の投与量の調整

病棟実習では、高カロリー輸液が投与されている患者さんに対して投与管理が適正かどうかアセスメントを行います。今までは、医師の指示通りに高カロリー輸液を投与していたと思いますが、実際に自分で身体診察と医療面接を行い、電子カルテではバイタルサインや採血データを含めた検査内容を含めてアセスメントを行い、適正かについて判断します。検査データだけではなく、身体所見も含めた統合的なアセスメント能力が問われ、高カロリー輸液が奥深いものだと気づいたのではないでしょうか。

残りの3日間で②脱水症状に対する輸液による補正

こちらの病棟実習も同じく、脱水症状を判断し補液の選択についてアセスメントを行います。ICUでは、手術後の患者さんの全身状態のアセスメントを行い、呼吸・循環を考慮した上で、補液の選択は何が適正なのか判断が問われていました。更に、補液の種類を考慮し、溢水にならないよう投与量まできちんとアセスメントできていたと思います。

 

研修生の方々は、全身状態をアセスメントする力が向上しておりました。

今後も研修生を精一杯サポートして行きたいと思います。

 

研修課長(特定看護師) 荒木美奈

 

高カロリー講義(徳永先生)

持続点滴中の高カロリー輸液の投与量の調整 講義(徳永先生)

学習

脱水 講義(林先生)

脱水症状に対する輸液による補正 講義(林先生)

2020年度(令和2年度)看護師特定行為研修生を募集いたします。 ⇒締め切りました

区分別コース実習 創傷管理関連の研修スタート

10月より区分別コースが開始しました。
まず、「創傷管理関連」e-ラーニング講義を視聴し、修了試験を受験します。その後、合格しますと、実習に進むことになります。

創傷管理関連には、以下の2つの特定行為があります。

①褥瘡又は慢性創傷の治療における血流のない壊死組織の除去 (デブリメント)
②創傷に対する陰圧閉鎖療法
です。

共通科目と異なり、専門的な知識と技術が問われていく部分ではありますが、今までの臨床経験を活かしながら学習している研修生が多かったように感じます。

11月5日より「創傷管理関連」の実習:1グループ目が開始し、10日間の実習を終了しました。

①のデブリメントは、以下の学習と評価の合格後に臨地実習にすすんでいきます。

・指導医による講義
・手技のレクチャー
・実技の演習
・客観的臨床能力試験(OSCE)

研修生の緊張のピークは、OSCE評価試験です。
このOSCEは、提示された症例に対して手順書に沿って特定行為の実施の有無を判断し、かつ安全に行うことが求められます。特に意識レベルの低い方とのコミュケーション技術や安全の配慮、プロフェッショナルリズムなど高いアセスメント能力が求められます。

こちらにも緊張が伝わりましたが、自己演習を繰り返し行っていましたので、デブリメント実施中に発生する出血にも落ち着いて判断し対応していました。

②の陰圧閉鎖療法は、講義を受けてから実際の機器を用いて患者モデルに演習を行います。

・機器の選択
機器には、それぞれの特徴があり、褥瘡に対して適したものを選択していく必要があります。

・アセスメント能力
患者さんの創の状態だけでなくADLも考慮しながら、どのように装着すれば効果的なものになるのか、アセスメントする必要があり、様々な場面を想定しながら演習を行っていました。

実際の臨地実習では、患者さんへの声掛けや配慮はもちろん安楽な体位をとりながら安全に実技演習を行っていました。また、特定行為看護師は、多職種連携も十分な役割を期待されています。褥瘡に対して特定行為を行うだけではなく、発生した原因を考え悪化しないためにできることを病棟看護師と連携し、ディスカッションができることも実習の醍醐味だと感じています。

研修生がいずれ自施設で活躍できる日を期待しつつ、充実した実習となるように支援してまいりたいと思います。

研修責任者 荒木美奈

 

 

実技の演習

 

OSCEの講評

OSCE評価医による手技レクチャー

 

陰圧閉鎖療法 モデルを用いた演習